おすすめ映画

アラフォー世代ど真ん中 映画「サニー 永遠の仲間たち」「SUNNY 強い気持ち強い愛」

映画は時に過去を懐かしむツールとなる事があります。

まさに、この映画はそんな作品。

懐かしの音楽と共に、女子高生時代を思い出させてくれる

青春映画です。

そして、同じ作品なのに、韓国映画をオマージュの形で

リメイクで作るとこんな雰囲気が違うんだなって感じました。

韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」は洋楽ベースという事もあり、少しおしゃれに仕上がってます。

日本の「はthe邦画って感じでいい意味でエンタメ感あります。

同じように青春時代・友人の死など重いテーマが

結構あるんですが、

時代の背景も少しだけ違う事もあり、少し違う映画に仕上がって面白かったです。

韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」と同じ感覚で見ると??

となるので「微妙に違う作品」と思って見た方がいいです。

 

少し、青春時代に浸りたい方

特にアラフォー世代の方は日本版は必見です。

自分たちの時代の作品ですよ。

くみシュランPoint★韓国映画「サニー永遠の仲間たち」

解説

1970~80年代の洋楽ヒットナンバーの数々で彩られ、2011年韓国で740万人を動員したドラマ。夫や娘にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた42歳のナミは、ある日、母の入院先で高校時代の友人チュナと再会する。25年前の高校生時代、ナミやチュナら7人の仲良しグループはずっと一緒にいると約束しあったが、ある事件がきっかけで離れ離れになってしまっていた。病気に苦しみ、最後にみんなに会いたいというチュナのため、ナミは当時の仲間を集めようと決意。各地に散った仲間を訪ねる旅の過程で、再び人生に輝きを取り戻していく。監督は「過速スキャンダル」のカン・ヒョンチョル。

2011年製作/124分/PG12/韓国
原題:Sunny
配給:CJ Entertainment Japan

(スタッフ・キャスト)

監督 カン・ヒョンチョル
脚本 カン・ヒョンチョル
主演 ユ・ホジョンシム・ウンギョンチン・ヒギョン

感想

韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を初めて見たのは友人のすすめ。

DVDで初めて見て「映画館で見ればよかった!!」と

大きく後悔した作品の1つです。

韓国映画ってここまできてるかって当時は特に感じました。

なんというか、表現が適切ではないと思いますが、ダサくない。

そして、音楽の使い所とか現在と過去の場面転換が違和感がなく自然。

韓国では大ヒットしたそうなのですが、ヒットにはいくつかの要因があったと言われています。作品力はもちろんなんですが、1つはキャストが豪華だったって事もあると思います。

まず、主人公を演じたのは当時、若手注目株だった「シム。ウンギョン」さん。

彼女はこの後、日本でもリメイクされた「怪しい彼女」や

日本アカデミー賞受賞した「新聞記者」などにも出演し今や韓国を代表する女優さんです。

そして、そのほかの女優さんも韓国ではとても有名な方ばかりです。

そして、懐かしの音楽を作品演出の1つとして見事に使用しています。
シンディーローパーとか韓国の歌謡曲とか、懐かしのメロディーがうまく使われてますよね。
音楽で昔の恋愛を思い出すような・・・感じです。
そして、重くなるようなシーンの後や、挿入で使ってて。重いテーマの部分やシリアスなシーンも重くならない。本当演出の一つとして、うまく音楽を使ってると思います。

くみシュランPoint★邦画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

解説

2011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子、広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。90年代、青春の真っ只中にあった女子高生グループ「サニー」。楽しかったあの頃から、20年以上という歳月を経て、メンバーの6人はそれぞれが問題を抱える大人の女性になっていた。「サニー」の元メンバーで専業主婦の奈美は、かつての親友・芹香と久しぶりに再会する。しかし、芹香の体はすでに末期がんに冒されていた。「死ぬ前にもう一度だけみんなに会いたい」という芹香の願いを実現するため、彼女たちの時間がふたたび動き出す。現在の奈美役を篠原、高校時代の奈美役を広瀬が演じるほか、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美らが顔をそろえる。90年代の音楽シーンを牽引した大ヒットメーカー、小室哲哉が音楽を担当。

2018年製作/119分/PG12/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト
スタッフ・キャスト

出演者

篠原涼子・広瀬すず・小池栄子・ともさかりえ・渡辺直美・池田エライザ(池田依來沙)・山本舞香

 

感想

韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」が日本で映画化されると、映画の発表会で聞いて、すごく嬉しかったのを覚えています。

プロモーション担当の方にこの宣伝の手伝いを何がなんでもしたい!!って熱くプレゼンしました(笑)

映画の概要のリリースが出る度に「おお〜って」期待膨らましてました。

日本版の監督は映画『モテキ』の大根仁監督。そして、時代設定は現代と90年代後半です。まさに世の中が女子高生ブームだった頃。ルーズソックスとかの世代です。

映画の台詞でもありましたが。「女子高生が中心」だった時代です。

そして、この映画の大事な軸の1つキャスト。

主人公は過去が広瀬すず・現在が篠原涼子さん。
全キャスト韓国版に負けないくらい人気の女優さんです。

さらに音楽。

この時代と言えば90年代後半、安室奈美恵や小沢健二さんの音楽ですよね。

日本版は音楽が中心となり劇中に使われていて、大根監督らしく笑い

涙を入り混ぜた痛快エンターテイメントに仕上がってました。

今回、記事を書くにあたり、2つの作品を続けて改めて見ましたが

どっちもやっぱりいい作品。

 

あえて、邦画は韓国のサニーへのオマージュだと思いますが

ファーストカットだけじゃなく所々を

同じ台詞、カットで撮影していましたが

微秒に何か違うんですよね。

 

 

ただ・・・

不思議と、同じ部分で泣いて、笑って、

同じように最後、号泣してました。

そして、どちらも見終わった後、

高校時代の友達に無性に会いたくなりました。

 

 

ABOUT ME
塚本 くみ子(くみティー)
鹿児島生まれ。小さい頃から体が弱く体力もない、幼少期。 小学三年生の時、父の仕事の都合で3年間奄美大島へ。ここで運命が動く。虚弱体質だった少女は自然と太陽がいっぱいの精霊の島で過ごすうちに元気になり、自信をみるみるつけていく。好奇心旺盛ポジティブモンスターの誕生★学生時代は父の仕事の都合で、鹿児島→長崎。その後、大学で上海へ。 広島→石川県のテレビ局でアナウンサー・レポーターとして約20年(現在は一般職)報道から情報番組グルメ番組などのMCを務める、映画関連の番組は業界に入ってからずっと、20年間担当。(現在も担当)元々アジア映画が好きで中国の大学に進んだ経緯もあり。もし、アナウンサーにならなかったら、映画配給会社の宣伝か獣医になりたかった。 映画の番組へのスタイルは一貫して、作品を観て、自らインタビュー取材もするスタイル、その間インタビューさせていただいた方は、ハリウッドから日本映画界まで監督・俳優約200名以上。私の財産です。 年間プライベートも含めて200本以上は観賞。自他共に、認める映画マニア。 そして「食」。食に関しては業界でも聞かれるほどのグルメ。高級なもの方B級まで。食べるのは作るのも食べるのも好き。本人のお店を決める基準はコスパ重視。石川県のゴールデンタイムのグルメ番組を担当していたこともあり、県内のお店には詳しい。プライベートでも、美味しいお店があると聞けば友人とグルメパトロール。また、作ることも好きなので、和食からイタリアンまでプロの料理人に料理を習い、自宅でも食べることを楽しむ。日本だけにとどまらず、美味しいお店を探してのグルメパトロールはヨーロッパやアジアへ。そして、旅行先では必ず現地の料理教室に通い、徹底的に食を楽しむ。 また、番組でも定評があったのは食べる所作の美しさ。これはマナー教育の賜物。実は、国際プロトココルマナー講師の資格を持つ(世界で通用するマナー)現在はセンスを磨くために国際イメージコンサルタントの資格に向け勉強中。自分に栄養を与えるのが大好き。人か喜んでくれることも大好物。 また、海外の大学在学中に学んだ漢方の知識を生かして、薬膳料理の資格も取得。(一昨年は、台湾でショートホームステイし、薬膳料理のブラッシュアップも)また、最近はサプリメントも勉強中。食だけでは補えない栄養素のを学び中。