美容

マスク美容法①夏のマスク焼け完全ブロック!絶対焼きたくない・美肌と美白にも!飲む日焼け止め・UViock(ユーブロック)

梅雨が明けて、どんどん暑い季節がやってくるのに

今年はマスク着用。マスクをしているからといって

お顔の日焼けがガードできないことは

今の美容常識ですよね!

じゃあどうしたらいいの???

マスク部分は汗や取り外しで日焼け止めや化粧が

剥がれてきてその部分が特に焼けてくる・・・

最悪。。。

アフターコロナ後、マスク外す生活になった時に、

マスクの形の薄っすら日焼けなんて最悪です。

そこで今年は特に注目されているのは、

飲む日焼け止め!

中でも私がここ数年使って本当に効果があったもの

紹介します。

 

 

私は小さい頃から、日焼けも気にせず、10代20代の時も仕事やプライベートで美容にはあまり疎く、お手入れも気が向いた時だけ、真剣に取り組んだことはなかったのです。

社会人になってからも、夏は毎日、帽子と日焼け止めだけ。塗り直しもせず高校野球や、取材ロケに出て、塗り直しもせず、焼いていた20代。それだけ仕事に必死だったのです(笑)

 

でも、そのツケは30代になると一気にやってきて、

30代最初の年にメイクさんに肌をいたわっていないから、メイクノリが悪いと呆れられる始末。

先輩にもアナウンサーは美容(化粧も含めて)も仕事のうちと注意されてから、ミョーに納得してそれからはちゃんと美容に気を使うようになりましした。そこからは年も曲がり角に突入したこともあって、興味津々。得意の研究気質も功を奏してそこから猛スピードで勉強。

 

幸せなことに、美容のプロたちが多い業界にいたので、女優さんやモデルさんに取材でお会いするたびに必ず最初に行うマイクテストや雑談タイムで、特権を生かし、美容法について質問してました。

その甲斐あってか知識は瞬く間に蓄積され、

高い化粧品やエステなどはできませんが、できることはすぐ実践してみました。

 

さらに、昔から勉強していた、漢方と友人ドクターから教わるサプリ情報の知識も生かしつつ内面からもアプローチ。

その甲斐あってか、現在の私の肌年齢は、最新の測定器で図るとマイナス15歳肌。

皮膚科や美容外科にいっても、お肌のハリとキメは褒められレベル(笑)

美容は1日にしてはならず、ですが、ちゃんとしてあげると実るのです。

ということで、くみシュランの美容編は私が使って実感してる、実感した、おすすめ美容アイテムをサプリや漢方も含めてお伝えします。

 

で、初回はこれからの時期、大切な紫外線対策。

 

毎夏、ガンガン焼けていた私が美肌美白をキープできている、おすすめの効果があった

紫外線対策教えます!

 

 

紫外線について・・・365日冬もケアが必要

 

肌の老化の原因の80%が紫外線って知ってましたか??

日焼けってすごく怖いものなんです 冬でも曇りでも、日焼け止めは年中365日毎日つけるべき何だそうです。え?夏とか5月くらいでいいでしょ?って思いますよね?

でも、紫外線による活性酵素を発生させる力は夏のUVBよりも
秋・冬にあるUVAの方が強いんだそうです。

 

このUVAって本当にアンチエイジングの敵です!!

肌細胞の奥深くまで入り、活性酵素が体内で増えて、お肌のハリ・弾力に大切なコラーゲンを壊して、「シミ・シワ・タルミ」の原因になるんだそうです。
また、UVAなかなか強いやつで、雲やガラスを通り抜けてしまうため、秋、冬は室内にいても紫外線を浴びせるんだそうです。

恐るべしUVA!!です。

 

そこで私が、3年ぐらい前から愛用しているのが「飲む・UVサプリ」

各、メーカー出してますよね?

私も、市販のもの、病院のものなど色々と試したんですが、

私が飲み続けてみて一番効果を感じたのは「Uロック」でした。

最初は私の友人のドクターたちから勧められて飲み始めたんですけど、

昨年の夏に実感できる事が多くて・・・それからはこれ一筋でずっと飲み続けています。

 

くみシュランおすすめ・UVlock(ユーブロック)

 

くみシュランおすすめするはUVlock(ユーブロック)飲むUVサプリ

消してメーカーさんの回しものじゃないですよ(笑)

2年ぐらい前から愛用してます。

飲むUV系って、各、メーカー出してますよね?

私も、市販のもの、病院のものなど色々と試したんですが、

飲み続けてみて一番効果を感じたのはUVlock(ユーブロック)元祖日焼け止めと言われているものです。

最初は私の友人のドクターたちから勧められて、1日一粒で楽だから飲み始めたんですけど、一昨年あたりから特に夏に実感できる事が多くて・・・

それからはこれ一筋でずっと飲み続けています。

仕事柄、年柄年中、外に出る事が多いです、しかも夏場はゲストもいるので

日傘もさせない事が多いのです。

そんな日は、肌が、後からチクチク火傷状態になる事が多いのですが、

これを飲んでいたからか一昨年ぐらいの夏あたりから、その症状が酷くなくなったんですよね。

全くではなく、少しはあるけど、これまでのように何日も続く感じもないんです。

それに、大体、1日の夏のロケ仕事のあとは、吸収しやすいタイプなので、翌日後に焼けた?って言われてたんですが、翌週には割と前に近い状態の肌色までに戻るので、このサプリのおかげと実感してます。

(もちろん通常の塗る日焼け止めもこれまで通り塗ってますけどね)

 

 

で、友人ドクターにちゃんと話を聞いたところ、このユーロックなかなかなものでした。

 

くみシュランおすすめポイント①1日1回楽チン

1日1粒(1回)でいい。これが私の1番のポイントです。

何でも、強力な抗酸化成分で紫外線と光老化をシャットアウト、体の内側からUVケアしてくれるそうです。しかも、市販のものより有効成分含有量が倍くらいあるので、24時間効果が続くそうです。だから1日1回でいいのですね。

 

くみシュランおすすめポイント②内からアプローチ美肌・美白ケア

美容外科のドクター友人の話によると、長期的に飲んだ人の中には、シワの軽減や美白、肌のハリと引き締め、しっとり感などにも効果を感じた人が6070%もいたそうです。

すごいですよね!!

その理由として考えられるのは、このサプリに含まれている、強力な抗酸化成分。

グレープフルーツ由来のシトラス成分と、ローズマリー由来のハーブ成分をエビデンスに基づき独自にブレンドしたもので紫外線を浴びた際に体内から大量発生する活性酸素を除去するのと同時に、肌細胞本来を利用して炎症を抑える事で、日焼けによるシミ・肌老化を防ぐんだそうです。

これは、10年以上の研究実績があって、その有用性や安全性はスペインの大学研究機関の臨床実験でも証明されてるんだそうですよ。また、植物成分だから体にやさしくて副作用の心配もないんだそうです。ここ大事。

さらに、「ビタミンC」『ビタミンD」漢方成分の「葛花抽出物」「シルクペプチド」(アミノ酸)「プロテオグリカン」(保湿成分)「白キクラゲエキス」(保水)などのサプリで言うと王道の美容系成分が入っているそうなんです。

 

くみシュランおすすめPointUVAにも強い!365日紫外線ケア

最初に書いた、秋冬の紫外線、(UVA肌細胞の奥深くまで入り、活性酵素が体内で増えて、お肌のハリ・弾力に大切なコラーゲンを壊して、「シミ・シワ・タルミ」の原因)にもこのサプリはいいのです。

UVAが持つ活性酵素の働きを抑え、肌ダメージから守ってくれるんです。
秋冬まで日焼け止めを塗るのは難しいし面倒ですよね。飲むだけでケアしてくれるのもいいですよね。

 

最後に・・・

 

塗る日焼け止めだけでは、塗り直しも大変ですし、耳の後ろとか細かいところまで行き届かないですよね?

少し、値段は7000円と市販のものより高いですが、

将来のエイジングケアの1つと考えて、

レジャーや、通勤・紫外線対策に塗る日焼け止めとUVサプリの併用おすすめします。

ABOUT ME
塚本 くみ子(くみティー)
鹿児島生まれ。小さい頃から体が弱く体力もない、幼少期。 小学三年生の時、父の仕事の都合で3年間奄美大島へ。ここで運命が動く。虚弱体質だった少女は自然と太陽がいっぱいの精霊の島で過ごすうちに元気になり、自信をみるみるつけていく。好奇心旺盛ポジティブモンスターの誕生★学生時代は父の仕事の都合で、鹿児島→長崎。その後、大学で上海へ。 広島→石川県のテレビ局でアナウンサー・レポーターとして約20年(現在は一般職)報道から情報番組グルメ番組などのMCを務める、映画関連の番組は業界に入ってからずっと、20年間担当。(現在も担当)元々アジア映画が好きで中国の大学に進んだ経緯もあり。もし、アナウンサーにならなかったら、映画配給会社の宣伝か獣医になりたかった。 映画の番組へのスタイルは一貫して、作品を観て、自らインタビュー取材もするスタイル、その間インタビューさせていただいた方は、ハリウッドから日本映画界まで監督・俳優約200名以上。私の財産です。 年間プライベートも含めて200本以上は観賞。自他共に、認める映画マニア。 そして「食」。食に関しては業界でも聞かれるほどのグルメ。高級なもの方B級まで。食べるのは作るのも食べるのも好き。本人のお店を決める基準はコスパ重視。石川県のゴールデンタイムのグルメ番組を担当していたこともあり、県内のお店には詳しい。プライベートでも、美味しいお店があると聞けば友人とグルメパトロール。また、作ることも好きなので、和食からイタリアンまでプロの料理人に料理を習い、自宅でも食べることを楽しむ。日本だけにとどまらず、美味しいお店を探してのグルメパトロールはヨーロッパやアジアへ。そして、旅行先では必ず現地の料理教室に通い、徹底的に食を楽しむ。 また、番組でも定評があったのは食べる所作の美しさ。これはマナー教育の賜物。実は、国際プロトココルマナー講師の資格を持つ(世界で通用するマナー)現在はセンスを磨くために国際イメージコンサルタントの資格に向け勉強中。自分に栄養を与えるのが大好き。人か喜んでくれることも大好物。 また、海外の大学在学中に学んだ漢方の知識を生かして、薬膳料理の資格も取得。(一昨年は、台湾でショートホームステイし、薬膳料理のブラッシュアップも)また、最近はサプリメントも勉強中。食だけでは補えない栄養素のを学び中。